確かに私はモテる。でもそれだけだ。

男は振られたら去っていく。

去らない奴は男友達というポジションに収まってくれる気もない。

ただ諦め悪く粘着してくるだけ。

私はプライドが高い。

同性とは価値観の合う人間じゃないと仲良く出来ない。

だから私は友達が少ない。

彼氏はモテない。正直言って見た目は良くない。

でも明るくて社交的で面白い。

彼を恋愛対象として見る人はほんとうに少ない。

でも彼には男女問わずたくさんの友達がいる。

彼はよく頼られている。そして彼は逆にいろんな人を頼る。

そうして絆を深めている。

私にはそれが羨ましい。

彼氏は私が羨ましいと言う。

つりあわないと言う。自分なんかには勿体無いと言う。

彼にとって何が大事なのか。単にお互いに隣の芝生が青いだけなのか。

客観的に見てどちらが魅力的な人間なのか。

答えははっきりしている。

容姿は年を経るごとに劣化する。

人間性は人と関わるほどに磨かれる。

私は孤独でいやな女だ。そしてそれは全て自分の責任だ。

年老いた時に私の周りにはきっと誰もいないだろう。

20100913052834 (via mcsgsym)
2010-09-13 (via gkojay)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中